宮崎が誇る「みやざき地頭鶏(じとっこ)」

受取日時指定OK
注文から最短5日でお届け
みやざき地頭鶏(手羽、モモ、ムネ、ササミ / 1羽分 計約2㎏)
お届け内容備考
「鶏ガラ付き」には上記のお肉に加えて、1羽分の鶏ガラ、砂肝、レバーがつきます。
代表的な宮崎のブランド地鶏
比内地鶏・名古屋コーチン・大山どりなど、地鶏には色々な種類がありますが、その中でも地鶏の代名詞と言っても過言ではないのが「みやざき地頭鶏(じとっこ)」。自然豊かな地で丁寧に育てられたみやざき地頭鶏は、柔らかな肉質ながら適度な歯ごたえがあり、はずむような食感が楽しめます。また、鶏特有の臭みが少ない上に、うまみ成分が多く含まれているため、かみしめるとうまみたっぷりの肉汁が!
「みやざき地頭鶏」という名前は、「地頭鶏」という品種の鶏がルーツです。その昔、地頭職に献上する程においしい鶏であった地頭鶏。歯ごたえのいい鶏肉を目指して、宮崎県が独自に改良を重ねて誕生したのがみやざき地頭鶏です。今回はみやざき地頭鶏の1羽分を、使いやすいよう手羽・モモ・ムネ・ササミの各部位にバラしてお届けします!
朝どりした鶏をすぐに加工・出荷
鮮度抜群のものをお届けするので、さらに臭みは少なく、歯ごたえもある状態で味わっていただけます。というのも、生産者である黒木食鳥(くろきしょくちょう)の黒木さんは、朝に捕獲した鶏をすぐに処理して、手早く出荷するのがポリシー。「加工場が鶏舎に併設されているので、鮮度が高い状態で加工し、その日のうちに出荷します」と黒木さん。受取の希望日にあわせて、最も鮮度のいい状態でお届けします!

おいしさへのこだわり

広々とした環境で飼育
黒木食鳥さんがみやざき地頭鶏を飼育・加工するのは、宮崎県のほぼ中央に位置する児湯郡川南町(こゆぐんかわみなみちょう)です。広大な大地を利用した畜産や大規模な農業が盛んな地域として知られています。黒木食鳥さんでは3つのこだわりを守りながら、おいしい「みやざき地頭鶏」の飼育を実現しています。
 
一つ目のこだわりは「1㎡あたり2羽以下で飼育する」こと。動き回ることができる広々とした環境で飼育することで、鶏にストレスをなるべく与えず、健康的で筋肉質な肉質に育てています。
じっくり育てて筋肉質に
二つ目のこだわりは「オスは4か月、メスは5か月かけてじっくりと育てる」ことです。一般的な地鶏は飼育期間80日が基準となっていますが、より長く育てることで筋肉質で高たんぱく、かつ低カロリーな肉質になります。
健康的に育てるための餌
三つ目は「餌へのこだわり」です。一般的に、餌の種類は『ヒナの期間』と『身を太らせる期間』の2種類に分けて与えられます。しかし黒木食鳥さんでは、鶏が健康的に育つように、2つの間に餌をもう1種類増やして与えているのだそう。さらに「刈った草を食べさせる」というひと手間も加え、鶏特有の臭みの少ない肉質を実現しています。

おいしい食べ方

黒木さんおすすめレシピ
みやざき地頭鶏を食べたいけど、調理法がわからないとお悩みの方がいるかもしれませんが、ご安心ください!居酒屋も経営している黒木さんが、各部位のおいしい食べ方を教えてくれました!
・モモ…炭焼き(BBQ)、すき焼き
・ムネ…ゆでてほぐしてサラダチキン
・手羽…唐揚げ、煮つけ
・ササミ…フライ
みやざき地頭鶏は火を通しすぎると固くなるので、この点に気を付けながら調理してくださいね!今回は黒木さん自慢のチキン南蛮のレシピを同梱してお届けします。
調理、保存しやすいようにお届け
1羽分の各部位をバラして、2つの真空パックに分けてお届けします。もしすべて一度に食べきれない方は、1パック分を冷凍で保存いただくこともできます。冷凍したものは自然解凍するとおいいくいただけますよ!また今回は、鶏ガラと内臓(レバー、砂肝)もセットになったコースもご用意しました。ガラでだしを取りたい玄人の方はこちらのコースをお求めください。
 
ぜひ、この機会に色々な鶏料理にチャレンジして、「みやざき地頭鶏」を堪能してくださいね!

この商品の生産者について

購入した方の声

楽しみに待ってます!
Rui さん
2019/12/9 (月)
お店でも食べたことがありますが、とっても美味しかったので購入しました!
船方 さん
2019/11/12 (火)

宮崎が誇る「みやざき地頭鶏(じとっこ)」

受取日時指定OK
注文から最短5日でお届け
みやざき地頭鶏(手羽、モモ、ムネ、ササミ / 1羽分 計約2㎏)
お届け内容備考
「鶏ガラ付き」には上記のお肉に加えて、1羽分の鶏ガラ、砂肝、レバーがつきます。