100年の古木から採れる希少な「花御所柿」

予約購入
11月下旬〜12月中旬お届け
家庭用 花御所柿(古木から採れたもの)
お届け内容備考
花御所柿は品種の特性上、ヘタと果実の間に隙間ができるヘタスキという現象が多く見られます。また、果皮に傷も多少ありますが、味はきれいな見た目の柿と変わりません。 ご了承の上お買い求めください。
100年の古木から採れた希少柿をお届け
明治時代から続く柿の産地、鳥取県から、次世代の若手柿農家・岡崎ファームの本気の柿をお届けします!今回お届けする品種は鳥取県東部でしか栽培されていない希少品種「花御所柿(はなごしょがき)」。滴る果汁がマンゴーのようにジューシーな品種です。さらに今回はその中でも、100年を超える古木から採れた味わい深い果実を、収穫時期を見極めて皆さまにお届けいたします。
プロが作る柿は、一味違います…!
こんにちは!鳥取県八頭郡八頭町で明治時代から続く柿農家の4代目、岡崎昭都(おかざきあきと)です。主に「花御所柿」「西条柿」「輝太郎」などのあまり県外では見かけない鳥取県特有の珍しい品種の柿を栽培しています。
日本の国果は柿であることを皆さんご存知でしょうか?田舎に行けば庭先に柿の木があったり、文学にもよく登場したりと日本の文化に深く根付いた果物なんです。ただ、あまりに身近すぎて「柿なんて…」と思いがちではないですか?わざわざ買って食べるものではないという認識の方もいるかもしれません。
僕たちがつくる柿は、「柿が苦手」という人も試食すると必ず買っていくくらい、みなさんが今まで食べてきた柿とは全くの別物です。また、柿には肥満予防や美肌効果のあるリコピンやビタミンCが豊富に含まれていて健康にもいい果物なんですよ。
限られた場所でしかおいしく育たない
今回のプランでお届けする「花御所柿」。ヘタの周りがキュッと絞られた珍しい形ですがあまり見かけたことはない人の方が多いはず。鳥取県東部のほんの一部の地域でのみ栽培されているとても珍しい柿なのです。甘柿の中でも糖度は20度以上と非常に高く、きめ細かくジューシーな果肉はマンゴーのようだと例えられます。不思議なことに八頭町をはじめとする極限られた地域でしか美味しく育たないといわれています。
子育てのように手間暇かかる柿育て
柿の栽培は一筋縄ではいきません。僕たちが柿を栽培している八頭町(やずちょう)は豪雪地帯で、冬場は1m以上雪が積もることもあります。300本以上植えている幼木を護るために1本ずつスコップで雪から木を掘り起こします。
植えて10年以内の柿の幼木には、あまり雨が降らない夏場は木を大きくするために2日に1度かん水しています。さらに、実がなりすぎないように1本の木に対して200個以上ハサミで蕾を落としていきます。1つずつ手作業で大変手間はかかりますが、残した実に美味しさが集中するために必要な作業なので手を抜けません。
また、収穫時期が柿の美味しさを一番左右します。収穫適期は柿の色を見極めて判断するのですが、これが結構難しい。特にJAなどに大量出荷する場合は、1個ずつ見極めて選ぶのは至難の業です。今回は僕が一つずつ手にとって収穫した本当の食べごろの柿をお届けします!
天然の油脂で出来たブルームというワックス成分を取り除かずにお届けするので見た目はちょっぴり白っぽいかもしれませんが、このブルームが付いていることで鮮度が維持され、より美味しい状態で皆様のもとに届きます。
安心して柿を食べて頂くために、自然環境にとってあまりよくないと言われているネオニコチノイド系の農薬の使用をやめ、減農薬に取り組んでいます。広大な果樹園の整備は大変ですが、除草剤も使っていません。夏場の猛暑の中だろうが、人力で草を刈っています(笑)また、最近では地力向上と除草のためにシロツメクサ(クローバー)の種を柿の木の下に蒔いています。春には白い花が咲き誇り、ミツバチが木の周りを飛び回っています。
山間の果樹の名産地、八頭町
岡崎ファームがある鳥取県八頭町は、鳥取駅から車で30分ほど離れたところにある県内でも有数の農業の町です。果実栽培が古くから有名で、柿や梨の名産地としていたるところに果樹園があります。扇ノ山山系に囲まれている谷間にあり、初夏には田んぼに太陽の光が照り返し、柿や梨の白い花が満開に咲きほこる光景が広がります。山間の地域なので、豊富な地水と谷に吹き下ろされる風から生じる気温差で、じっくりと上品な甘さを蓄えた柿が育ちます。美味しい柿を狙うクマやシカとも闘いながら丹精込めて柿づくりに日々勤しんでいます。
祖父のために柿の道へ、地域でタスキを繋いでいきたい
僕がこの果樹園を継いだのはちょうど30歳のとき。元々は外仕事をしていましたが、祖母が亡くなり、現在102歳の祖父を支えたいと思って就農しました。柿農家としては鳥取県内で一番の若手です。実家の畑も管理しつつ、離農した方の耕作放棄地も身銭を切りながら整備をし続けて、農地を拡大していっています。将来、僕よりももっと若い世代が就農しやすくなるようにとの想いが強いんです。一大柿生産地であるこの八頭町で、地域で連携しながらみんなが稼げる状態をつくっていきたいと考えています。
古木から採れた家庭用の柿をお届け
今回皆様には、100年前に植えられた古木から採れた実をお届けいたします。柿も人と同じで、齢を重ねるといい味がでてくるんです。ただし、古木なのでヘタと果実の間に隙間ができる「ヘタスキ」という現象が生じやすく、ほとんど規格外品になっているのが現状です。実の見た目は悪いかもしれませんが、人と同じで味に深みがあります!この機会にぜひご賞味ください。
農家直伝!おすすめレシピ
お届け直後の柿は、歯ごたえがしっかりある硬めの食感です。また、花御所柿は後味に渋が残りやすいので気になる場合は柔らかくなった柿をお召し上がりください。柿は冷暗所で追熟させると柔らかくなり甘みが増していきますので、自分好みの熟し具合をぜひ探求してみてください。もし、柿が柔らかくなりすぎてしまった場合は冷凍がおすすめです!凍らせると、実がシャーベットのようになり美味しくいただけます。また、柿と牛乳をミキサーで攪拌すると、柿由来のペクチンという酵素で自然に固まり、柿プリンができあがります。是非お試しください!
本気の柿を是非お楽しみください!
今回、ご紹介した花御所柿はとろける甘さとジューシーさが自慢で、柿が苦手な人も試食すると必ず買っていくくらい美味しい甘柿です。ただ、生産量が少ないためなかなか他では買えない柿です。
今までみなさんが食べてきた柿とは全く違う僕たちの柿をぜひ一度ukkaの皆さまにご賞味いただき、この味を知ってもらえれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!

この商品の生産者について

購入した方の声

糖度20、すばらしい!早く食べたい!
齋藤 さん
2019/10/12 (土)
先日戴いた早生の柿がとても美味しかったのでまたお願いすることにしました!
櫻井 さん
2019/10/12 (土)

100年の古木から採れる希少な「花御所柿」

予約購入
11月下旬〜12月中旬お届け
家庭用 花御所柿(古木から採れたもの)
お届け内容備考
花御所柿は品種の特性上、ヘタと果実の間に隙間ができるヘタスキという現象が多く見られます。また、果皮に傷も多少ありますが、味はきれいな見た目の柿と変わりません。 ご了承の上お買い求めください。