かわばた園の緑茶

定期購入OK
注文から3日〜10日でお届け
・緑茶(ティーバッグ)(3g10個入)×4袋 ・上煎茶(茶葉)(3g10個入)×2袋
「ちょっといいお茶」でホッとひと息しませんか?
「あぁ…リフレッシュしたい!」
そんなときこそかわばた園が育てた美味しいお茶でリフレッシュしてほしい。渋みが少ないかわばた園のお茶は、頭のクールダウンに最適です。もちろん家族のリラックスタイムにも楽しんでいただける優しい味わいです。
オフィスで使いやすいティーバッグプランと、急須で入れる茶葉プランをご用意。季節に合わせて3種類のお茶を一番おいしいタイミングでお届けします。
お茶のニューウェーブ「シングルオリジン」
静岡県静岡市清水区でお茶の生産に取り組んでいるかわばた園の佐藤寛之(さとうひろゆき)さんが作る和紅茶をご紹介します。かわばた園では農園で育てた単一品種の茶葉だけを使用する「シングルオリジン」のお茶を生産しています。
お茶は産地や茶葉の品種によって味や香りが大きく異なります。さらに同じ産地・品種であっても、天候や日照条件で味が変わるのです。
「茶葉をブレンドせず」、「毎年の違い」を個性として楽しめるお茶がシングルオリジンです。最近注目を集めていて、都内にはシングルオリジンのお茶専門店ができるほど。まさに「お茶のニューウェーブ」なのです。
丁寧に淹れたお茶で至福のひと時を
かわばた園のお茶の特徴は何と言ってもフレッシュさ。渋みが少なく、茶葉が持つ瑞々しさがそのまま伝わってきます。
収穫された茶葉は酸化を防ぐため、すぐに「蒸し」という加工をします。最近は蒸し工程に時間をかけてお茶に色や甘み・コクを出す深蒸しが主流。しかし僕たちは蒸し時間が短い「浅蒸し」という方法でのお茶作りを行っています。これによりリラックス効果があるという本来の香りを残し、茶葉のフレッシュな味わいを引き立てることができるのです。
浅蒸しのお茶は、淹れた時に緑がかった金色になります。この透明感は深蒸しにないものです。
蒸し方による違いはまだまだあります。浅蒸しのお茶は深蒸しより少し時間をかけて淹れてあげると香り豊かに味わえます。茶葉自体が深蒸しと比べて大きいため、二煎目でもおいしく飲むことができます。ぜひお茶を淹れる時間も含めて、落ち着きのひと時をたっぷり味わってみてください。
気軽に飲んでいただけるために、ティーバッグも用意しています。
無農薬・化学肥料の利用は一切なし。かわばた園のDNA
かわばた園は佐藤さんのおじいさんの代から小河内でお茶栽培に取り組んでいます。栽培や加工の方法は少しずつ改善していますが、農薬や化学肥料を使用しない姿勢は45年以上変わらない大切なこだわりです。
農薬や化学肥料を使えば生産効率は大きく上がりますし、日々の作業もとても楽になります。ですが、収穫後すぐに蒸し工程を行うお茶の性質上、使用した農薬などはそのまま飲む人の体に入ってしまいます。
水質や土壌にも影響が出ます。一度農薬や化学肥料を使ってしまったら、もう元の栽培方法には戻れなくなってしまうといいます。

緑茶のいれ方

かわばた園流おいしい緑茶のいれ方
■ 緑茶 (茶葉)※1人分
  • お茶の温度:70〜80度(沸かしたてのお湯で構いません)
  • お湯の量:60〜90ml
  • 茶葉の量:3g
  • 抽出時間:60秒
■ 緑茶(ティーバッグ)
  • お茶の温度:70〜80度
  • お湯の量:60〜90ml
  • 茶葉の量:1つ
  • 抽出時間:60秒
お届けするお茶の裏側にQRコードがあります。
そちらでは動画でお茶のいれ方を紹介していますので、そちらもぜひご覧ください!

この商品の生産者について

かわばた園の緑茶

定期購入OK
注文から3日〜10日でお届け
・緑茶(ティーバッグ)(3g10個入)×4袋 ・上煎茶(茶葉)(3g10個入)×2袋