皮ごと使える「広島の離島レモン」

予約購入
受取日時指定OK
12月上旬〜3月上旬お届け
・離島レモン1kg(10個前後) ・離島レモン3kg(30個前後) ・離島レモン5kg(50個前後)
農薬を気にせず、レモンを皮ごと食べられる
今回お届けするレモンは、ワックス・防腐剤不使用なので「皮ごと」食べられる優れもの。完熟なので香りがフレッシュで濃厚、酸味もまろやかです。農薬を気にせずレモンの皮まで丸ごと使ってお料理したい時や、色んなお料理にレモンを使いたい方におすすめです。大容量サイズもあるので、たっぷり使ってくださいね!
レモンと共に歩んできた広島県久比地区
レモンが育つ広島県久比は、大崎下島に位置する人口約500名の小さな集落です。地区一帯を山間が囲み、その上を多くの段々畑が軒を連ねます。また山の頂上からは、瀬戸内の多島美を一望することができる。まさに、日常の中に美しい自然が溶け込んでいる場所なのです。
 
昔から豊かな柑橘栽培が主要産業として営まれてきた歴史があり、収穫の時期(12〜5月)になるとレモンやミカンが豊富に実り、段々畑一面が「黄金色」に輝きを放ちます。
 
同時に、この地区は美味しいレモンを育てる3つの条件が見事に揃っています。
①温暖な気候
温暖な気候はレモンの生育に欠かせません。久比がある広島県呉市の瀬戸内海上は、年間を通じて温暖な気候が特徴で、雪もほとんど降ることがありません。
②島の四方から吹く濃密な海風
レモンの味を左右する大切な要素の一つに、海からの潮風により運ばれてくるミネラルがあります。久比が位置する大崎下島は四方を海に囲まれており、風に乗りミネラルがたっぷりとレモン畑に運ばれてきます。
③南向きの急斜面
久比の山間には、いく段にも連なる段々畑があります。潮風と共に必要な要素が、豊富な太陽の光なのですが、瀬戸内は晴れの日が多く、太陽の光に恵まれています。さらに斜面がある畑で育てることで、レモンに均等に太陽があたり、健全な状態でレモンを育てることができるのです。
久比レモンの美味しさをたくさんの人に伝えたい
2015年、スパークリングレモン酒「MIKADO LEMON」を開発するにあたって、
原料となるレモンを三角島で自社栽培することを決めました。
 
とはいえ、全くの初心者がゼロから挑んだ無農薬でのレモン栽培。
現在は約200本の木が植わっていますが、
ここまでの道のりは決して簡単なものではありませんでした。
一時は木は枯れ果て、レモンも実らない。
もはやこれまでかと思った時もありました。
私たちを支えてくれたのは地元のレモン農家さん
しかし、そんな時に力を貸してくれたのが地元農家の皆さんでした。
中には、この道数十年のベテラン農家さんもいらっしゃいます。
 
皆さんにはレモン栽培にまつわる知恵を貸して頂くだけでなく、
実際に一緒に畑へ入り、再び元気なレモンが実るよう様々な形で協力をしてもらいました。
 
(そんな皆さんの作った「久比レモン」の魅力を、
そして美味しさをより多くの人に知って頂きたい。)
 
そんな想いでこの2年間、
農家の皆さんが愛情込めて育てた「久比レモン」を
東京を中心にご紹介する場をたくさんつくってきました。
ワックス・防腐剤不使用なので、皮までまるごと食べられます
ナオライでは、顔が見えて、尚且つ信頼のできる農家さんのレモンのみをご紹介しています。
もちろんいずれのレモンもワックス、防腐剤や農薬などは使用していません。
 
初めて久比レモンを口にした時、とても驚いたことを覚えています。
酸味はもちろん同様に甘みもあり、また皮ごと食べてもレモン特有の渋い苦味がそれほど強く感じなかったからです。
 
それ以来、お客さまには「ぜひ、皮ごと食べてみて下さい!」とすすめてまわる習慣が身につきました(笑)
 
皮の一部に傷がありますが、それはワックス・防腐剤を使用せず、安全を第一とした栽培をしている証拠。安心して、皮までまるごとお料理にお使いください!

アレンジを楽しむ 離島レモンのある食卓

新感覚!久比三角島の「レモンクリームカレー/パクチーのせ」
■材料
・レモン:1個
・手羽先:4個
・生クリーム:100ml
・水:150~200ml
・しょうが:小1個(すりおろし)
・玉ねぎ:1個(みじん切り)
・ニンニク:2かけ(みじん切り)
・オリーブオイル
・ローリエ1~2枚
☆ターメリック:小さじ2
☆カイエンペッパー:小さじ1
☆コリアンダー:大さじ1
 
■作り方
⒈みじん切りしたタマネギをオリーブオイルで炒める(15分程度 しっかり炒める)
⒉レモンの皮を擂り下ろす。レモン汁は1/2分を絞っておく
⒊色がきつね色になったらしょうが、ニンニクを加える
⒋2に☆のスパイスを入れてなじませる
⒌3を鍋の端によせ、手羽先を同じフライパンで焼く
⒍焼き色がついたら水を入れて蓋をし、ローリエを入れて煮込む。擂り下ろしたレモンの皮の半分を入れる
⒎10分程煮込んだら生クリームを加えて火を止める
⒏お皿に盛り、パクチーとレモンの皮の擂り下ろしの半分を飾る
酸味とコクがクセになる「レモンのリゾット」
■材料
・レモン:1個
・オリーブオイル:少々
・白ワイン:30cc
・コンソメ:大さじ1
・塩コショウ:少々
・パルメザンチーズ:
・ディル:
・米:1.5カップ
・にんにく:1個
・玉ねぎ:1個
 
■作り方
1. オリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニク1個を炒め、さらにみじん切りにした玉ねぎ1個を5分ほど炒める。
2. 米を1.5カップ入れて炒め、白ワイン30ccを加えてアルコールを飛ばすように炒める。
3. コンソメ大さじ1をカップ4のお湯に溶かし、5回くらいに分けて2に加え、混ぜながら約20分炊く。
4. お米の芯が少し残る程度になったら、レモン汁(レモン1個分)を入れ、塩コショウで味を整える。
5. 器に盛って、レモンの皮の摩り下ろし、パルメザンチーズをかけ、ディルを飾る。
瀬戸内の海や島ぐらしに触れながら、レモン栽培体験してみませんか?
2016年から累計500名以上(*2018年時点)の 方々が、久比・三角島を訪れ、レモン栽培・植樹体 験を楽しんでくださっています。
 
他にも自然豊かな島での滞在中、透明な瀬戸内海のビーチを楽しみ、星空を眺め、島を散策し、地元の方との交流を楽しむ方も。ぜひ、沢山の魅力が溢れる久比・三角島へいらしてくださいね!大歓迎でお待ちしております。

この商品の生産者について

購入した方の声

楽しみに待っています。
小松崎 さん
2019/10/14 (月)
前回は大変美味しくいただきました。楽しみに待ってます
中村 さん
2019/10/3 (木)
無農薬レモン、お待ちしてます。
平田 さん
2019/10/3 (木)

皮ごと使える「広島の離島レモン」

予約購入
受取日時指定OK
12月上旬〜3月上旬お届け
・離島レモン1kg(10個前後) ・離島レモン3kg(30個前後) ・離島レモン5kg(50個前後)