ASUKAのチーズ工房 熟成ホールチーズ

予約購入
12月中旬〜6月上旬お届け
・熟成セミハードチーズ 1ホール(1kg/約7kg)
お届け内容備考
※ ホール7kgは、成分量の変動により熟成の工程で重量が減る際ばらつきがでることがあります。7kgに満たない場合もあります。
毎日使いたくなる熟成ホールチーズ
毎回大人気!北海道の小さなチーズ工房「ASUKAのチーズ工房」の3ヶ月熟成ホールチーズ「はじめのチーズ」。
搾りたてミルクから作る熟成チーズを北海道の小さな工房から直送でお届けします。
いつものお食事に添えてもよし、パーティーディッシュにお使いいただくもよし。食卓を華やかに演出してみませんか?

おいしい理由

自慢の生乳が生み出すチーズたち
ASUKAのチーズ工房で使用するのはすべて飛鳥さんのお父様が経営する毛利牧場の牛乳。
フレッシュさが命の「モッツァレラ」やミルクの甘味が特徴の「カチョカバロ」、地元の食材とコラボした「さけるチーズ」など、常時7種類のチーズを製造しています。毛利牧場の牛乳は、乳脂肪分が平均4%を超え、乳固形量も多く、成分が高いことが自慢です。
濃厚な牛乳を作るポイントは、何といっても自家製のエサ。むかわ町は北海道の中でも気候が良く、牛たちのエサとなるトウモロコシがよく育ちます。また、太平洋からミネラル分を含んだ風が牧草地へ吹くため、牛たちが食べる牧草はミネラルも豊富です。
小規模な牧場だからこそ、牛たち一頭一頭の顔を覚え、その牛の体調に合わせてエサを変えるなど、手間と愛情を注ぎます。
毛利牧場の牛乳の美味しさを広めたい
ASUKAのチーズ工房の始まりは10年前。父が経営する毛利牧場の牛乳を加工して何か美味しいものを作りたいという、わたしの子どものころからの夢を、チーズ工房というかたちで実現させました。毛利牧場で飼っているのは、ホルスタイン70頭と山羊1頭だけ。北海道ではごく小規模な酪農家です。
3ヶ月熟成セミハードチーズ 「はじめのチーズ」
3〜6カ月じっくり熟成させる「はじめのチーズ」は、その名の通りASUKAのチーズ工房で一番はじめに作り始めたチーズです。「はじめのチーズ」はヨーロッパで「トム」と言われるチーズをモデルにして作りました。表面はグレーのカビで覆われており、深いコクとナッツを思わせる香りが特徴のチーズです。
カビの生育のために温度や湿度を管理し、2日に一度、表面のカビを乾拭きしながら反転していきます。このチーズは、製造後も熟成管理に手間が掛かるので、大量生産が難しく、小さな工房でしか作れません。
そのままスライスしても。料理のアクセントにも。パンにも乗せてオーブンで焼いても。どの食べ方も濃厚で、チーズ特有の香りが溢れ出す、皆さまに一度は食べていただきたい味です。

熟成チーズの保存方法

開封後、またはカット後そのまま置いておくと切り口にカビが生えてきてしまうため、通常は1ヶ月を目安にお伝えしておりますが、以下の方法で長期間保存することもできます。
  • 長期間保存することが決まっている場合は、カットをせず、表面を乾拭きしながら、乾燥しないようにラップで包みチルド室で保存
  • チーズをすり下ろして粉チーズにして冷凍する
北海道の恵みをチーズで感じてください
事前予約注文でしかお届けできない熟成ホールチーズ。ぜひ一度試して見てください、ファンになること間違いなしですよ。

この商品の生産者について

購入した方の声

思い出すとつい食べたくなってしまいます。今回も期待しています。
蝦名 さん
2019/10/12 (土)
とても楽しみにしております。
小磯 さん
2019/9/23 (月)
いつも、楽しみにしてます!
R7038XX さん
2019/9/20 (金)

ASUKAのチーズ工房 熟成ホールチーズ

予約購入
12月中旬〜6月上旬お届け
・熟成セミハードチーズ 1ホール(1kg/約7kg)
お届け内容備考
※ ホール7kgは、成分量の変動により熟成の工程で重量が減る際ばらつきがでることがあります。7kgに満たない場合もあります。