広島県生口島のさわやかグリーンレモン

予約購入
グリーンレモン
終了しました
期間限定のさわやかな味「グリーンレモン」
欧州の地中海に似た温暖な気候で、柑橘類やオリーブの生産が盛んな瀬戸内海。その瀬戸内海に浮かぶ、人口8,600人ほどの広島県生口島(いくちじま)では「citrusfarmsたてみち屋」の菅秀和(かん ひでかず)さんが5年前からレモンを栽培していらっしゃいます。レモンが黄色く色づく前の期間限定の味覚「グリーンレモン」を、お料理や手作りのお菓子、レモンサワーに変身させてみてください!
グリーンレモンってなに?
瀬戸内地方の露地栽培レモンは、5月に花が咲き、10月には果実が大きくなります。12月頃からゆっくりと黄色く熟していきますが、色づく前の10~12月頃には「グリーンレモン」として収穫します。通常の黄色いレモンに比べ、スパイシーな酸味や香りが強く、キリッとしたさわやかな苦味はまさにオトナの味覚と呼ぶにふさわしいもの。
レモンは皮まで食べておいしいフルーツ
菅さんは「レモンは皮まで食べておいしいフルーツであることを伝えたい」とおっしゃいます。外国から輸入するレモンは乾燥・腐敗防止のためワックスがかかっていますが、本来のレモンのおいしさ、香り、栄養がギュッと詰まっているのは「皮」の部分。科学に基づいた有機的な栽培で、農薬や化学肥料を使わず、皮まで安心しておいしく食べられるレモンを提供しています。
希少な国産グリーンレモン
国産のグリーンレモンはごく短い時期に収穫するために市場に出回る量が少なく、限られたお店でしか販売されません。熟す前の実なので充分なサイズのものは少なく、市場での希少性をさらに高めています。また、このグリーンレモンは収穫から1週間以内に発送することで新鮮な香りや酸味を保ったままお届けします。
レモン栽培に最適な土をつくる
皮までおいしいレモンをつくるためには、その原点となる「土の質」を重視しなければなりません。citrusfarmsたてみち屋では定期的に土壌分析を行い、レモンに必要な栄養素量を算出。発酵有機堆肥を基本に有機肥料・有機ミネラルを土に与え、酵素や天然ミネラルをオリジナルでブレンドした液体肥料を散布しています。
国産レモン生産量日本一の町
瀬戸内の島々のなかでも、生口島の瀬戸田町でレモン生産が盛んな理由は、レモンづくりにぴったりの気候。年間を通して温暖な瀬戸内の気候が、寒さや風に弱いレモンに最適で、おいしいレモンの成育に寄与します。
グリーンレモン おすすめの食べ方
グリーンレモンは、すだちのように皮を削り、お料理の香り付けに使うことがおすすめです。すりおろしたレモンの皮に同量の青唐辛子をあわせてみじん切りにしたあと、すり鉢で総重量の15%の塩を加えよく混ぜれば、和食にも洋食にもぴったりの「レモン胡椒」のできあがり。
また、「レモンマーマレードジャム」など甘味も大切なものに加工する場合には、“ゆでこぼし(皮を茹で、ゆで汁を捨て、再度新しいお湯で茹でる)”をして、苦味を抑えることが必要です。あなたの好みの苦味になるまでゆでこぼしを繰り返しましょう。
また、レモンを薄くスライスして、同量の砂糖と漬けておくだけで「酵素シロップ」をつくることもできますから、初心者の方はこちらからチャレンジ!
珍しいグリーンレモンを楽しんで!

この商品の生産者について

購入した方の声

子供に食べさせたいので、楽しみにしてます!
yuu さん
2019/9/27 (金)
初参戦楽しみにしています
ぐーちょ さん
2019/9/18 (水)
グリーンレモン最高です。 楽しみで待ってます。
S さん
2019/9/18 (水)
貴重な国産レモン、どうぞよろしくお願いいたします。
田村 さん
2019/9/13 (金)
グリーンレモンは初めて知りました! 楽しみに待っていますね。
中村 さん
2019/9/4 (水)
新鮮なグリーンレモン楽しみにしています(o^^o)
豊田 さん
2019/9/3 (火)

広島県生口島のさわやかグリーンレモン

予約購入
グリーンレモン
終了しました