野菜の味が際立つ、8種類の「野サイモナカジェラート」

予約購入
7月上旬〜7月中旬お届け
お届け内容
完売しました
完売しました
ココがおすすめ!3つのPOINT
★野菜・ミルク・モナカ、素材はすべて岐阜県産 ★新鮮なミルクで作った、できたてを直送 ★かわいらしいサイのかたちで贈り物にもぴったり! -------------------------------------- こんなあなたにおすすめ! -------------------------------------- #野菜が大好き #モナカ、アイスが好き #甘いものが好きだけど健康も気にしている #野菜は苦手だけどジェラートなら! #ちょっと珍しいおやつが食べてみたい #夏の贈り物を探している -------------------------------------- お届け予定日  -------------------------------------- 2019年7月中旬にお届け ★ご希望の時間帯のみご指定いただけます。日にちの指定はできません。 -------------------------------------- 2つのコースから選べます -------------------------------------- ①【お中元対応可】「8種類の野サイモナカジェラート」コース ②ご家族みんなで「野サイモナカジェラートバラエティ」コース
夏のおやつに、色鮮やかな野菜ジェラートを
岐阜県各務原市(かかみがはらし)で自家製野菜ジェラートを生産している「ファームタケアキ」が、岐阜のローカルメディア「さかだちブックス」と一緒にOWNERSプランをつくりました。暑い夏に嬉しいひんやりおやつをぜひご家族みなさんでお召し上がりください。大切な方への夏の贈り物にもぴったりです!
野菜づくりから商品開発まで、常に新しいチャレンジを
みなさんこんにちは。岐阜県各務原市で農業をしながら、育てた野菜の6次産業化に取り組んでいる「ファームタケアキ」の竹山明彦(たけやまあきひこ)です。もともとはサラリーマンでしたが、10年ほど前から両親が残した畑でとうもろこしを中心に野菜をつくり始めました。本業の傍ら趣味の範囲で続けていくつもりが、野菜づくりを独学で学んでいくうちにその魅力にどっぷりとはまり、3年ほど前に脱サラをして農業と野菜の6次産業化の道に転身しました。現在は野菜づくりから、商品企画、1次加工、販売まで全て1人で行なっています。
自家栽培野菜ジェラートを、サイモナカに詰めて
看板商品は「野サイモナカジェラート」です。ころんとしたサイの形のモナカに、自家栽培の野菜ジェラートが詰まっています。野菜を使って珍しい商品を作りたいと思い、あれこれ考えていた時「野菜」に「八つ」と「サイ」をかけたモナカのアイディアが浮かびました。 味は、とうもろこし、エダマメ、落花生、黒豆、ムラサキイモ、カボチャ、人参、ほうれん草の8種類。もちろん全て私の畑で育てた野菜です。1人なので、その日のうちに加工できる量を収穫できるように種まきを少しずつずらすといった工夫もしています。これから私が大切にしている野サイジェラートのこだわりを3つご紹介したいと思います。
こだわり① 野菜・ミルク・モナカ、素材は全て岐阜県産
ファームタケアキのジェラートはほとんど全ての素材を岐阜県産にこだわっています。自家栽培の野菜はもちろんのこと、ミルクは各務原市のお隣関市の牧場から、そしてモナカの原料であるもち米は岐阜県高山市の農家さんのものを使っています。ジェラートへの加工もミルクを使っている牧場にお願いしているので、加工まで全て岐阜県内で完結している、まさに“岐阜生まれ、岐阜育ち”のモナカジェラートです。
こだわり② 新鮮なミルクで、できたてを直送
ミルクの生産とジェラートへの加工をお願いしているのは関市の「さるちゃん牧場」です。私の畑からは車で20分ほど。ここでは約40頭ほどが「つなぎ」と呼ばれる昔ながらの飼育方法で育てられています。牛も人間と同じように性格や体質がそれぞれ違うので、一頭一頭仕切りでスペースを分けることで、個体ごとの管理がしやすく健康なミルクを絞ることができます。 ジェラートの加工工房は牛舎から徒歩5分ほどで、牛舎と加工工房の近さはそのままミルクの新鮮さにつながります。最低限の安定剤以外は添加物を一切使わず、注文が入った分だけを製造しているので、できるだけ早いお召し上がりをおすすめしています。
ジェラートの商品化を前提に、栽培する野菜の品種を決めました。水分量が少なく味が濃厚で、加工しても鮮やかな色が残る野菜。様々な条件をクリアしたのが、これからご紹介する8種類です。 とうもろこし:糖度18度、生でそのままかぶりつけばジューシーな甘みが口の中に広がりまるでフルーツのようなとうもろこし「味来(みらい)」が原料です。ジェラートでもその甘みとコクをお楽しみいただけます。 エダマメ:淡い緑色と白いモナカの色合いが上品です。ほんのりとエダマメの風味が感じられ、粒々とした舌触りも特徴です。 黒豆:ジェラートの味としては珍しいですが、蒸した完熟の黒豆とミルクは相性抜群です。
落花生:収穫後天日干しにしてさらに炒るという一手間を加えることで、ジェラートにしても口の中に香ばしい香りが漂います。 ムラサキイモ:各務原では昔からよくつくられているムラサキイモ。ねっとりとした食感を残しながらも後味はあっさりしています。 カボチャ:蒸してから岩塩を少々加えることでミルクと馴染ませています。こっくりとした味の濃さを感じていただけると思います。 人参:特産の各務原にんじんは、色は強くありませんが甘みの強さが特徴です。人参特有の臭みはなく、苦手な方でもおいしくお召し上がりいただけます。 ほうれん草:発色がよく見た目は青臭さそうですが、食べると抹茶に似たまろやかな味わいが楽しめます。
トースターでこんがり20秒、サクッと食感でさらにおいしく。
モナカは茶・白の2種類です。原料のもち米は岐阜県高山市産で、色味の違いは焼き加減の違い。茶色いモナカは焼き時間が長いので香りが強く感じられます。一方白いモナカは焼き時間が短いので、風味は弱くなります。素材の味が前に出やすい野菜には茶色いモナカ、あっさりとした野菜には白いモナカを合わせています。オリジナルの野菜型の焼き印もポイントです。 よりおいしくお召し上がりいただくためには、オーブントースターで20〜30秒温めてみてください。モナカがサクッと香ばしくなり、風味が全然違ってきます。冷凍保存の環境や、トースターの火力にもよりますが、20秒くらいならアイスが溶けることはありませんのでぜひお試しください。
ご家庭で楽しむのはもちろん、贈り物にも
今回は野サイモナカ8種類を一つずつお楽しみいただけるお試しセットと、野菜ジェラートのもうひとつのシリーズ「ヴェルドゥーレ」と組み合わせたバラエティセットの2コースをご用意しました。ヴェルドゥーレとは、イタリア語で「野菜」を意味します。ジェラートそのものは野サイモナカと同じですが、雰囲気をがらりと変え、贈答用にもおすすめなカップサイズで展開しています。味はとうもろこし、エダマメ、落花生、黒豆、ムラサキイモ、カボチャの6種類。大家族の方や、贈り物・お中元におすすめです。 暑い夏が来る頃、ひんやりで栄養たっぷりの野サイモナカジェラートをお届けします。お子様から大人まで、ぜひみなさんで楽しくお召し上がりください! (プランサムネイル画像、記事内写真2枚目、4枚目 撮影=山口晋一)
さかだちブックスはデザイン会社リトルクリエイティブセンターが運営する岐阜のローカルメディアです。 書籍の出版やホームページを通じて、まわりの様々な情報を発信しています。 sakadachibooks.com Twitter @sakadachibooks(https://twitter.com/?lang=ja) Facebook さかだちブックス(https://www.facebook.com/sakadachibooks/) Instagram @sakadachi_books(https://www.instagram.com/sakadachi_books/)

購入した方の声

色んなお野菜のジェラート、どんな味がするか楽しみです! よろしくお願いします!
望月 さん
2019/6/22 (土)
お中元にします!
平 さん
2019/6/15 (土)

野菜の味が際立つ、8種類の「野サイモナカジェラート」

予約購入
7月上旬〜7月中旬お届け
お届け内容
完売しました
完売しました