岐阜の自然茶園が育てる、完全有機栽培、日本生まれの和紅茶と蜂蜜。

予約購入
お届け内容
終了しました
送る
徳川ゆかりの地、竜の伝説、緑豊かな里山の原風景
岐阜県は南東部に位置する瑞浪市。古くは慶長9年(1604年)、江戸と京を内陸部で結ぶ道として中山道が開かれた宿場町として栄えていました。また、江戸から47番目の宿として14代将軍・徳川家茂の正室・和宮親子内親王の宿泊地となったことでも知られています。 歴史の水脈をさらにたどると、伝説の滝にたどり着きます。その昔、雄竜と雌竜が互いを慕って呼び合ったという伝説から「竜吟(りゅうぎん)の滝」と名付けられたこの滝が緑深い山の中で水しぶきを上げる姿は、自然の力を感じさせてくれます。 深い自然との結び付きは町中にも。市の中央には一級河川の土岐川があり、水と緑豊かな自然に囲まれています。自然と寄り添い生きてきた人々の心が垣間見られる、美しく力強い里山の原風景が残る美しい場所です。
徹底した自然由来、有機栽培にこだわった本格的な日本茶。
瑞浪市の大湫宿(おおくてじゅく)にほど近い、標高400Mの山間部、車一台がようやく通れる細道を抜けたところに一気に広がる2.5ヘクタールの茶畑。ここが、私たちが営む瑞芳園(ずいほうえん)です。「やぶきた」「おくみどり」「さやまかおり」「べにふうき」「かなやみどり」の5品種の茶葉を扱い、それぞれの特徴にあった生産・製造を行っています。 私たちの一番のこだわりは、昔ながらの有機農法。農薬や化学肥料には一切頼らず、自然にまかせて茶葉の育成をする有機栽培を長年続けてきました。2007年には全園JAS認定を取得しました。 お茶処ではない岐阜県の茶園はごくわずかで、さらに県内で有機栽培を行う茶園に絞れば、私たちを入れて数えるほどしかありません。地域内での茶農家は私たちだけなので、他の農園からの農薬や病気の影響をうけない自然環境が整っています。だからこそ、もいだ新芽もそのまま口にすることができるほど安心安全で、美味しいお茶が生まれ、自然に任せた有機栽培が実現できるのです。
朝晩の気温に寒暖差があり朝霧の立つ茶畑は、八十八夜より少し遅めの5月中旬が、待望の一番摘みが始まる季節です。ていねいに、ていねいに、最後に飲む人がほっとひといき、そして日本を感じて、心が幸せになることをイメージしながら、生産から加工まで行う。これが瑞芳園。厳しい寒さに耐えた茶葉、こだわり製法のお茶は、旨味が増し、毎年深い味わいを醸し出してくれます。
伊勢神宮へも奉納された、日本らしい紅茶を追求した”和紅茶”
今回のプランでもメインになるのが、2007年の植え付けから7年の歳月を経て2年前に完成した、瑞芳園こだわりの「べにふうき」を使用した”和紅茶”。 戦前の日本では多くの紅茶が作られていましたが、今ではその9割がスリランカやインドなどからの輸入品です。しかし、今の時代だからこそ、一人でも多くの方にお茶に興味を持ってもらいたい。若い方にも日本らしい紅茶を飲んでほしい。そんな想いで作り始めた商品です。
「圧力で茶葉をもむ機械「揉捻(じゅうねん)機」は、“鉄”でできています。鉄を使用すると、茶葉に含まれるタンニンが反応し、“黒く”て“渋い”、紅茶になります。そこで機械が茶葉に触れる部分を自分たちで改良し、”色鮮やか”で”口当たりのまろやか”なお茶になるよう工夫を重ね開発してきました。 品種本来の味を引き出す有機栽培に加え、こうした一つ一つの細かい改良を重ねて出来上がったのがこの特別な「和紅茶」なのです。
夕焼けのような淡い「紅」と野いちごのような優しい香り甘み。どこか懐かしくて、新しい。飲みやすくて深い味わいになっています。2016年2月に伊勢神宮外宮に奉納を果たし、益々その価値は高まってきています。 中には、海外の紅茶が苦手だったという人が美味しく飲めたと喜んでくれたことも。私たち日本人だからこそつくることのできる、日本人だからこそ飲んで欲しい逸品です。
和紅茶と一緒に楽しめる、茶蜜もたっぷり含んだ瑞芳園の蜂蜜
そんな和紅茶に加えてもう一品、みなさまにお届けしたいものがあります。それは、私たちの茶園の一角に置いてある日本蜂蜜の巣箱から採れた蜂蜜(はちみつ)。 日本蜂蜜は飼育がとても難しく、一つの巣箱から採蜜できる量は1年間でたった5キロほど。外国産蜂蜜の10分の1とも言われています。その場所が気に入らなければ居着かないデリケートな日本蜜蜂ですが、農薬を一切使用しない瑞芳園の茶園は、彼らにとっても理想の環境のようです。
四季折々の草花から蜜を蓄え、秋には茶蜜も集めてきます。さまざまな花の蜜を集めることで、年に一度しか採れない、無農薬の茶蜜も十分に加わった100%国産のニホンミツバチの百花蜜が生まれています。ビタミン群、酵素、ミネラル、ローヤルゼリーなど150を越える多くの栄養素を含み、糖度が78度以上のものを瓶詰めにして毎年数量限定、希少な蜂蜜なのです。 蜂蜜は少量生産のため、オーナー定員100名が埋まると、当園の採蜜箱すべてをオーナー様でシェアいただく形となります。まさにオーナーの皆さまだけのために生産する蜂蜜です。 私たちの自慢のお茶と一緒に、瑞芳園の栄養たっぷりの蜂蜜も、ぜひご堪能ください。
「瑞芳園」のオーナープラン
私たち「瑞芳園」の茶畑オーナーになってくださった皆様には、【春の部】と【秋の部】の年に2回、こだわりのお茶と蜂蜜をお届けします。和紅茶だけではなく、瑞芳園でとれる新茶やほうじ茶も一緒に楽しめるプランです。 【春の部:6月中旬】 ①緑茶 ・新茶80g 1包 ・緑茶(ティーバッグ6g×10個入り) 2包 ②ほうじ茶 ・有機上ほうじ茶100g 1包 ・ほうじ茶(ティーバッグ4g×16個入り) 2包 【秋の部:11月中旬】 ③和紅茶 ・有機和紅茶 澪-mio- 50g 2包 ・有機和紅茶 澪-mio-(ティーバッグ3g×8個入) 3包 ④蜂蜜 ・日本蜜蜂はちみつ90g 1瓶  + 追加特典「和紅茶カステラ」
お届けする蜂蜜は、写真手前右の90g入瓶でお届けします。
オーナー特典として新商品の”和紅茶カステラ”もセットに。
私たち瑞芳園では、当園自慢の”和紅茶”をより幅広く楽しんでもらいたい、そんな想いからこの春新たなに茶葉を贅沢に使用した「和紅茶カステラ」を開発し、新商品として販売することになりました(販売価格は1,000円を予定)。 試作段階から地元新聞やラジオなどでも紹介いただき、現在はパッケージなど最終の調整中。オーナーの皆さまには、この新商品を和紅茶をお届けする【秋の部】に一緒にお届けします。
==== プラン内容 ==== ▼提供商品(最低保証量) ①〈春の部〉 ・新茶80g 1包 ・緑茶(ティーバッグ6g×10個入り) 2包 ・有機上ほうじ茶100g 1包 ・ほうじ茶(ティーバッグ4g×16個入り) 2包 ②〈秋の部〉 ・有機和紅茶 澪-mio- 50g 2包 ・有機和紅茶 澪-mio-(ティーバッグ3g×8個入) 3包 ・日本蜜蜂はちみつ90g 1瓶  + 追加特典「和紅茶カステラ」 ▼お届時期 期間中2回 ①春の部 :6月中旬頃 ②秋の部:11月中旬頃 ▼募集定員 100人 ▼募集期間:  2016年4月9日〜2016年6月10日 ▼契約期間: 登録開始月から最終商品お届けの翌月末まで ▼登録金額: 9,500円(消費税・送料2回分込)
瑞芳園の茶畑のオーナーとして、お茶の世界を感じてみませんか?

この商品の生産者について

についてもっと知る

岐阜の自然茶園が育てる、完全有機栽培、日本生まれの和紅茶と蜂蜜。

予約購入
お届け内容
終了しました
送る