甘酸っぱい果汁が弾ける!さくらんぼの王様「佐藤錦」を発祥の地からお届け

予約購入
6月下旬〜7月上旬お届け
お届け内容
完売しました
完売しました
ココがおすすめ!3つのPOINT
★みずみずしい初夏の香りがするさくらんぼ ★高級ブランドさくらんぼ「佐藤錦」をたっぷりお届け ★オーナー限定特典で、現地での収穫体験に無料でご参加可能! -------------------------------------- こんなあなたにおすすめ! -------------------------------------- #さくらんぼが好き #甘い果物が好き #大切なひとに本当に美味しいものを贈りたい #情熱をもった山形のさくらんぼ生産者を応援したい #食べ物の生産地を訪れてみたい -------------------------------------- お届け予定日  -------------------------------------- 2019年6月下旬〜7月上旬 ★お届け時間帯のみ指定できます。日にちの指定はできません。 -------------------------------------- 選べるコース内容 -------------------------------------- 1)「大粒さくらんぼ(2Lサイズ)」コース 2)「ちょっと大粒さくらんぼ(Lサイズ)」コース 3)「家庭用さくらんぼ」コース
フルーツパフェの頂点、生クリームの上に楚々として佇むその姿… 食べる人を幸せにしてくれる果物といえば、初夏の味覚「さくらんぼ」に他なりません。 今回のプランでご紹介するのは、みんなが大好きなさくらんぼの中でも最も有名なブランド品種「佐藤錦」。この「佐藤錦」は贈答品としても重宝され、毎年6月頃の旬の季節には美しい桐箱に整然と並べられ、高級品として百貨店の店頭に並びます。 そんな佐藤錦を、山形県の生産者「やまがた鳳凰倶楽部」が心を込めて栽培・収穫。 贈答用にぴったりな大粒の2Lセットから家庭用1kgパックまで、用途に合わせてお選びいただけます。 日本一のさくらんぼの産地から、真っ赤で甘い、粒が揃った佐藤錦をお届けします!
さくらんぼの名産地、山形県東根市より情熱を込めて
こんにちは!東根市のさくらんぼ農家、やまがた鳳凰倶楽部の鈴木克也(すずきかつや)です。 実家はさくらんぼ農家、自分もいつかは家業を継ぐと思っていたものの、経済的な不安もあり、学校卒業後はしばらくサラリーマンをしていました。 しかし、やり手さくらんぼ農家だった父も高齢になり、30代半ばから私も会社勤めの傍らさくらんぼ作りを手伝うようになりました。父が亡くなったあとも、サラリーマンとの兼業でさくらんぼを育てていましたが、やはり専業農家だった父のようなおいしいさくらんぼが作れませんでした。
「せっかくうちのさくらんぼのファンになってくれたお客さんが待っているのに...」 「お客さんにまたおいしいさくらんぼを食べさせてあげたい...」 さくらんぼ栽培を続けるうちにそんな想いが募り、「よし、親父を超えるさくらんぼを作ってやる!」と、会社を辞め専業農家になることを決意しました。
極上のさくらんぼを目指し試行錯誤するうちに、東根市で同じ課題感を持つ若手生産者と出会います。よくよく聞くと、それぞれ農園独自の生産手法があることがわかりました。 「ますますおいしいさくらんぼを作るべ!」と、より高みを目指す生産者同士が集まり、知識や経験を共有し助け合うことになり、現在の「やまがた鳳凰倶楽部」の形が出来上がりました。 以前はさくらんぼを作っても農協に出荷して終わりでしたが、倶楽部を結成してからはさくらんぼをお客様へ直接販売するようになりました。今では、私たちのさくらんぼを楽しんでくださるみなさんの声が直接聞けることが、何よりのはげみになっています。
納得できない品質のさくらんぼは、お届けしません
私たちは、以下の3つのポイントにこだわってさくらんぼを作っています。 ①畑の土作り 私たちの畑は東根市の特徴でもある肥沃な扇状地にあります。元々恵まれた土地ですが、更に化学肥料に頼らず完熟たい肥と有機肥料を用いてバランスの良い土壌を作っています。 ②量より質の剪定 さくらんぼは収穫までの半年間、成長に合わせて余分な枝を落とす作業が必要です。枝に付く実の数を抑え、太陽の光をまんべんに浴びさせ養分を集中させることで、よりおいしいさくらんぼに仕上げています。 ③朝採り収穫 さくらんぼは夜露で冷えたまま収穫する朝採れ品が最もおいしいと考えているため、気温が上がる前に摘み取った新鮮なさくらんぼを、翌日には食卓に届くよう発送しています。
3つのこだわりのもと、最後に信じるのはやはり自分たちの舌。収穫時期が近付くと畑を観察しながら毎日さくらんぼを食べ、「良し!」と思えるものだけを出荷しています。 さくらんぼには様々な評価基準があり、サイズや色合い以外の“食味”については数字では評価しきれない複雑さがあります。糖度計で測定することもできます。しかし、さくらんぼの味というものは、とにかく糖度が高ければいいという単純なものではないと考えています。 おいしいと感じるために大切なのは、甘みと酸味のバランス。メンバーそれぞれが自分の農園のさくらんぼを持ち寄って、相互に出来を評価しています。
後世にも伝えたい。「佐藤錦発祥の地、東根のさくらんぼ」
山形県の中央部、村山盆地に位置する東根市。東は杜の都・宮城県仙台市、南は将棋の里・天童市に隣接した田園都市です。 最上川の支流・乱川(みだれがわ)の扇状地に位置するため水はけが良く、古くから果樹王国として親しまれてきました。また、四季の移り変わりが激しく、夏と冬の大きな寒暖差が東根市の農産物をおいしく育てています。 特にさくらんぼの生産量は日本一を誇り、新幹線の駅名も「さくらんぼ東根」と、地域みんなに愛されてきました。
なによりも、さくらんぼの王様として有名な「佐藤錦」はこの東根市生まれ。明治初頭、欧米からさくらんぼが渡来し、政府が全国20県にその苗木を配布しました。しかし、当時のさくらんぼはとても繊細で、果実が割れ、日持ちもしないとあって、生産量はなかなか伸びませんでした。 そんな中、東根市の農家であった佐藤栄助氏が、15年の月日をかけて品種交配と選別を繰り返し、約100年前(1922年)に食味と日持ちの良い「佐藤錦」を誕生させたのです。 最近では、東根市も農家の高齢化や離農が課題となっています。近隣の耕作放棄地を引き受けるうち、私もいつの間にか先代の2倍もの作付面積を手がけるようになりました。父を超えられたかはわかりませんが、これからもこの東根と農地を守り、さくらんぼ栽培を続けていきたいと思っています。
「佐藤錦」を、最もおいしいタイミングでお届け!
6〜7月のさわやかな季節に収穫のピークを迎え、初夏を感じさせる甘酸っぱいおいしさの佐藤錦。前述のとおり、佐藤錦は約100年前に完成した品種ですが、そのおいしさは栽培方法や流通環境の向上でますます良くなっています。 鮮度が落ちないよう、朝採りさくらんぼを保冷材入り発泡箱に入れ、クール便にて収穫翌日にお届けいたします。さらに今回は、よりお手頃に私たちのさくらんぼを楽しんでいただける家庭用コースもご用意。箱にバラ詰め、保冷剤なし、サイズのばらつきや多少の色むらがありますが、朝採りさくらんぼのおいしさは十分ご堪能いただけます。 さくらんぼは旬の短い贅沢なフルーツです。やまがた鳳凰倶楽部が自信を持ってお届けする逸品をぜひご賞味ください!
2019年3月23日に新しい高速道路ができ、東京都内から当倶楽部園地に直通でたどり着けるようになります。当プランに登録してくださったオーナーさまにはオーナー特典として、収穫体験を無料でご提供いたします。詳細はコース内容の「オーナー特典」をご覧ください。 ぜひご家族で私たちの園地に遊びに来てくださいね♪

この商品の生産者について

購入した方の声

よろしくお願いいたします。
鳴澤 さん
2019/4/21 (日)
2Lのさくらんぼツヤともっちり食感が素晴らしい!去年、父の日のギフトに購入し家族に大好評でした〜自分用も美味しかったです。 今年もよろしくお願いします〜!
Chikako さん
2019/4/17 (水)
さくらんぼ楽しみです!!🍒🍒🍒
Aikawa さん
2019/4/4 (木)
さくらんぼ狩りも楽しみにしています。
河野 さん
2019/3/13 (水)
楽しみにしています。
石神 さん
2019/3/12 (火)
届くのを楽しみに待っています。
堀口 さん
2019/3/9 (土)
知り合いから、鳳凰倶楽部のサクランボをいただいてその美味しさに驚いたので、注文してみました。 とても楽しみにしていますし、送り先の方にも喜んでもらえるのではないかとワクワクしています。 よろしくお願いいたします。
永江 さん
2019/3/7 (木)
都合が付けば収穫体験希望します。
古屋 さん
2019/3/7 (木)
昨年、申し込みをして、とてもおいしいし、綺麗でした。今年も楽しみに待ってます。山形に行けたら、さくらんぼ狩りをしてみたいです。
塩月 さん
2019/3/6 (水)

甘酸っぱい果汁が弾ける!さくらんぼの王様「佐藤錦」を発祥の地からお届け

予約購入
6月下旬〜7月上旬お届け
お届け内容
完売しました
完売しました