あま~い蜜入りりんごの”蜜”の正体は?

りんご好きに大人気の「蜜入りりんご」をご存知でしょうか? よく、「甘くておいしい」と言われているりんごです。 蜜ができる理由と、蜜の正体をご紹介します。
豆知識

蜜入りりんごとは?

りんごを縦に切ると、まるでお花のような形で、黄色く透き通った「蜜」と呼ばれる成分が入っています。蜜入りりんごは、香りは他のりんごより強いとされています。蜜入りりんごは「甘くておいしい」と言われますが、蜜無しりんごに比べて糖類の量や甘さは必ずしも高いわけではないようです。では、なぜ蜜入りりんごはこんなにも人気があるのでしょうか?

りんごに蜜ができる理由

りんごの葉っぱに日光が当たり光合成が行われると、甘みの元となる成分が作られます。この成分が実の内部で果糖などの甘み成分に変換されることで、りんごのなじみ深い甘みが生まれます。りんごが完熟し、甘みの元となる成分がこれ以上果糖に変化できなくなると、そのまま果肉の中にあふれ出します。これが「蜜」の正体です。蜜を作るためには、実をぎりぎりまで樹にならせておき、十分熟すのを待ってから収穫する必要があります。いったん収穫してしまうと、蜜はできなくなってしまいます。

実は甘くない蜜の正体

りんごの甘みの元となる成分は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種です。ソルビトールは果糖の約60%の甘さで、ソルビトール自体は甘さの秘訣ではありません。ですが、蜜が入っている、つまりソルビトールがあふれ出している状態は、りんごが完熟して甘くなりきっているサインです。これが、蜜入りりんごが甘くておいしいと言われる理由です。

有名な国産蜜入りりんご

日本の蜜入りりんごといえば、
「サンふじ」「こうとく」「スターキング デリシャス」などのりんごが有名です。サンふじは、ジューシーな甘味とほのかな酸味がお楽しみいただけます。
一方、「王林」「つがる」「ジョナゴールド」などには、完熟しても蜜が入りにくいと言われています。王林はパリッパリッの歯ごたえある食感、豊かな香りと強い甘味が特徴的です。

まとめ

蜜りんごは上手に保管すると、収穫してから30日程度まで蜜入りの美味しさを楽しめます。りんごの蜜は、別の言い方をすると寒い冬を越すために蓄えた栄養分です。収穫した後もりんごは、蜜を養分として消費していき、時間と共に蜜が少なくなっていきます。蜜入りりんごを美味しく楽しむ際は、ぜひ早いうちに食べましょう!
このシリーズをもっと読む
この記事を書いた人
新着の読みもの