出来立てよし、冷めてもよし!旬のりんごで作りたいアップルクランブル

りんごの旬である秋から冬にかけて、イギリスの家庭では「アップルクランブル」という焼き菓子をつくります。今回はたった5つの材料でつくれる、アップルクランブルのレシピをご紹介いたします。
おいしい季節のごあいさつ

さくっと作れるりんごのお菓子

ホームパーティーをするとき、
「あれ作って、これ作って・・・あ、デザートどうしよう!!」とデザートメニューに迷ってしまったことはありませんか?
また、お呼ばれされたときも、
「お呼ばれは嬉しいけど、お土産のバリエーションもうない!」と悩むこともあるのではないでしょうか?
今回は、ホームパーティーなどの忙しいときにもおすすめ!
たった5つの材料で30分でできる、アップルクランブルの作り方をご紹介いたします。
ボウル1つと耐熱容器でつくるので、洗い物も少なく、片付けも楽チン◎
手土産に作っても、喜ばれること間違いなしです!

アップルクランブルの作り方

▼材料 4人分
【Aりんごのフィリング】
・りんご・・・・・・・・ 2個
・ブラウンシュガー・・・ 50g
・シナモンパウダー・・・ 小2
【Bクランブル】
・バター・・・・・・・・ 50g
・薄力粉・・・・・・・・ 60g
・ブラウンシュガー・・・ 30g
※ブラウンシュガーがない場合は、上白糖でも代用可能です◎
【Aりんごのフィリング】
①りんごをくし切りにし、芯の部分を切り落とす。1cmの厚さに切る。
②耐熱の容器に入れ、ブラウンシュガー、シナモンパウダーを加え、全体がよく馴染むまで、混ぜる。
※お酒の好きな方は、少しラム酒を加えてみて大人のお菓子にしても◎
【Bクランブル】
①ボウルに1cm角に切ったバター、薄力粉、ブラウンシュガーを入れ、手で混ぜ合わせる。ダマが残るくらいでOK!
②Aのりんごのフィリングの上にBのクランブルを乗せる。
③170度に余熱したオーブンで15~20分焼く。クランブルに焼き色がついたら出来上がり。
出来上がり
出来上がり
出来立て熱々のアップルクランブルの上に、
ヒヤッと冷たいアイスクリームをのせて楽しむ食べ方がおすすめです。
また冷めても、クランブルのザクザク食感と、味がよく染み込んだ冷めるとりんごは、出来立てとはまた違った食感でお楽しみいただけます。

りんごのおいしい季節に

今回は酸味と甘さのバランスが良いサンふじを使いました。
りんごが旬の今だと、いろいろな品種がお店に並んでいるので、酸味のあるりんご、パリッと食感のりんご、甘みの強いりんご・・・といろいろな品種を食べ比べをして、自分好みのりんごを探しても楽しいですね。
ぜひ、りんごの美味しい季節にお試しください。
このシリーズをもっと読む
この記事を書いた人
レシピ開発・調理・スタイリング(テーブルコーディネート)など、企業の広告やCMのフードスタイリングを手がけ、2018年4月に独立。「目が喜ぶ。見るだけでおいしい。」を研究中。フルーツとの組み合わせ料理を得意としています。