フレッシュチーズ3種をひと手間かけるだけ!簡単アレンジレシピ!

今回はいつもより食卓が華やかになる、クリームチーズ、モッツァレラチーズ、リコッタチーズのアレンジレシピをご紹介します。チーズ好きが心躍ること間違いなしのレシピです。
おいしい季節のごあいさつ

ひと手間くわえて、素敵な一品を

こんにちは。今回はSUKAのチーズ工房フレッシュチーズを使ったアレンジレシピをご紹介します。
こんな感じでフレッシュチーズセットが届きました!
こんな感じでフレッシュチーズセットが届きました!
生産者さんからのメッセージはまるで友だちと文通をしているような気持ちで読みながら、ワクワクしながら待っていたので、箱を開けた瞬間、プレセントをもらった時のような温かい気持ちになりました◎
そのまま食べても、美味しいけど!
これはせっかくだから何か混ぜたい!!
ということで、まずは、クリームチーズを使ったおつまみに合いそうな、ひと手間レシピをご紹介します。

【1】クリームチーズとドライいちじくのカナッペ

《クリームチーズとドライいちじくのカナッペのつくり方》
◆材料
・クリームチーズ ・・・ 100g
・ドライいちじく ・・・ 2個(大きめ)
・ローズマリー ・・・・ 1枝
・岩塩 ・・・・・・・・ ひとつまみ
◆作り方
① ドライいちじくは5mm角に切る。
② ローズマリーは枝から葉を取り、みじん切りにする。
③ 全ての材料を混ぜ合わせる。
クリームチーズって、固くて常温に戻してから練って・・・。
と、何かと混ぜるのが大変だったりするのですが、
ASUKAさんのクリームチーズは冷蔵庫から出したてでもとってもクリーミー!
パンやクラッカーに付けて食べるのがオススメです。
生ハムを添えて、ワインのお供にどうぞ◎

【2】モッツアレラチーズで、キウイとカプレーゼ

《モッツアレラチーズで、キウイとカプレーゼのつくり方》
◆材料
・モッツアレラチーズ ・・・ 1個
・キウイ ・・・・・・・・・ 1個
・ディル ・・・・・・・・・ 適量
・塩 ・・・・・・・・・・・ 少々
・オリーブオイル ・・・・・ ひとまわし
◆作り方
① モッツアレラチーズ、キウイをお好みの大きさに切り皿に並べる。
② ディル、塩、オリーブオイルをかける。
モッツアレラチーズは、トマトとバジルのカプレーゼが定番ですが、
味を堪能したかったので、今回はシンプルにキウイと合わせてみました。
チーズはフルーツとも相性がいいんです。
季節のフルーツと合わせて、見た目も爽やかで美しくなりますね。
また、塩やオリーブオイルは、少しだけ贅沢してちょっと良いものも使うと風味がとても変わってきます。
例えば、塩はしょっぱさだけでなく、
甘み・深みがあるものを使うと、野菜でも肉でも塩だけで味が決まります◎
色々手間をかけずにも、贅沢な気持ちになるので、オススメです。

【3】リコッタチーズのトマトパスタ

リコッタチーズは、
あまりスーパーでは見かけないので、どんな風に食べたらいいのだろう?
と、疑問に思う方も多いかもしれないですが・・・実はとっても万能なのです!
イタリア料理では、野菜に詰めてフリットにしたり、イカに詰めてトマトソースで煮たり、ピザのトッピングにしたり・・・
と、挙げたらキリがないのですが、
その中でも、私のお気に入りのリコッタチーズのトマトパスタをご紹介します。
《リコッタチーズのトマトパスタのつくり方》
◆材料
・リコッタチーズ ・・・ お好みの量
・ミニトマト ・・・・・ 8~10個
・ニンニク ・・・・・・ 1片
・ケチャップ ・・・・・ 大1
・バルサミコ酢 ・・・・ 小1
・バジル ・・・ ・・・ 葉2枚
・オリーブオイル ・・・ 適量
・塩、胡椒 ・・・・・・ 少々
・お好みのパスタ・・・・ 60~80g
◆作り方
① フライパンにみじん切りにしたニンニク、オリーブオイルを入れ、弱火で香りが立つまで加熱する。
② 半分に切ったトマトを加えて中火でさっと炒め、ケチャップ、バルサミコ酢を加えて煮立たせる。
③ 茹でたパスタを加えて、ソースと絡め、塩、胡椒で味を整える。
④ 皿に盛り、リコッタチーズ、バジルをトッピングする。

最後に

美味しい食材は、最低限のひと手間でも美味しくなりますね◎
チーズ尽くしで、華やかな食卓になりました!
ぜひ、お試しください。
このシリーズをもっと読む
この記事を書いた人
レシピ開発・調理・スタイリング(テーブルコーディネート)など、企業の広告やCMのフードスタイリングを手がけ、2018年4月に独立。「目が喜ぶ。見るだけでおいしい。」を研究中。フルーツとの組み合わせ料理を得意としています。