「箱買いみかん」の長期保存方法は?

冬を通してたくさん食べるみかんは、箱で買った方がお得であることが多いです。 けれども、「箱で買ったときは長持ちするか心配」 そんなことを思っていませんか? 今回は、みかんを長持ちさせるための保存方法をご紹介します。
豆知識

みかんを美味しく保つためのポイント

長期保存のポイントは、「涼しい場所で、乾燥させない」ことが基本です。みかんをおいしく保つために大事なポイントは大きく分けて3つあります。
①風通しを良くする②ヘタを下に向け、新聞紙を敷く③15度以下で保存する
それではこれから詳しい方法をご紹介します。

1.風通しを良くする

まず最初に、全てのみかんを段ボールから出し、箱にハサミなどで穴を開けます。風通しを良くするためです。特に、箱の下の方は通気性が非常に悪く、腐りやすい環境になっています。この時、みかんの中で皮がやわらかくなっているものやカビているものは取り除きましょう。
箱の中にみかんを戻していく時も、みかん同士がくっつかないようにすると、腐りにくくなりますよ。

2.ヘタは下に向け、新聞紙を敷く

箱にみかんを詰める時のポイントは2つあります。
一つ目は、ヘタの部分を下にすることです。固いヘタの部分を下にすることで、圧力による傷みを抑えることが出来ます。
二つ目は、みかんを重ねる時は間に新聞紙を引くことです。みかん、新聞紙、みかん、新聞紙の順で重ねていきましょう。新聞紙やキッチンペーパーは乾燥を防ぐ役目があります。画像は、3kgのみかんです。段ボールの中で3層分になりました。

3.15度以下で保存する

日の当たらない、涼しい場所が保存に最適です。みかんの上に新聞紙をのせ、ダンボールの蓋は閉めないでください。箱ごと15度以下で保存すると日持ちします。
ここで注意したい事は、冷蔵庫よりも室内の方が長持ちするということです。冷蔵庫は乾燥しやすいため、保存する場合は新聞紙やビニール袋に包んで、野菜室に入れましょう。

まとめ

みかんは正しい方法で保存すれば、1ヶ月以上長持ちします。お得な箱で購入してみて、冬の間ずっと美味しいみかんを楽しんでみてはどうでしょうか?
このシリーズをもっと読む
この記事を書いた人